3Dアーティスト
杉本大地

高校生のときに趣味として3DCGをはじめる。その後独学を続け、大学在学中にフリーランス3Dアーティストとして活動を開始。
生まれつき脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は電動車いすを使って生活している。
SNSを通した依頼や、大手CG制作スタジオの契約アーティストとして活動中。現在24歳。
経歴
【2018】
・大学3年次、活動開始。
・一般のお客様からの依頼を中心に、イラスト、結婚式のオープニング映像など制作
・デンマークの音響機器メーカーから依頼を受け、商品プロモーション用アートを制作
・スタートアップ企業から依頼をうけ、カラオケアプリ用のアバターキャラクターを制作
【2019】
・使用しているソフトウェアのメーカーから依頼を受け、ユーザーインタビューを受諾
・活動休止 自主制作による独学続ける
【2020】
・スタートアップ企業から依頼をうけ、アバターキャラクター制作を補助
・SMA患者として医療系WEBメディアの取材を受ける
【2021】
・株式会社白組で仕事を開始
主な担当はモデリング、ルックデベロプメント、ライティング
・スタートアップ企業から依頼をうけ、アバターキャラクター制作を補助
​​​​​​​
受賞
2020.10 Sketchfab Staff pick "No Face - Kaonashi"
2020.10 Sketchfab Staff pick "Sally"
2020.11 SMA アートオリンピック 2020 銀賞
Back to Top